読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

春の風景

 春の足音どころか、今日の会津は春真っ盛りのようでした。

f:id:bochibochidou:20160305215442j:plain

咲き始めた白梅。他の場所では紅梅も咲いていました。

f:id:bochibochidou:20160305215529j:plain

庭先のヒヤシンス。何か軽やかに誇らしげに深呼吸しています。

f:id:bochibochidou:20160305215650j:plain

 オット、こちらも春でしょうか。このままの姿勢で、何分間も静止しています。

オカミに言わせると、微妙な関係だそうで、、、ちょっと不穏な雰囲気もあり水入りを宣言したかったのですが、野暮はやめて、このままそっと通り過ぎることにしました。

 

 こんなほんわかした、懐かしい心持のまま、毎日少しづつ読んで眠りについたら、きっといい夢が見れそうな予感のする「クラフト・エヴィング商會」の本たちです。

f:id:bochibochidou:20160305220502j:plain

 初めて出会ったのは、とある古本市で「らくだこぶ書房二十一世紀古書目録」を手に取った時でしょうか。本の手触り、押し付けがましくないセンスの良さ、語り口の軽さ、どれを取っても懐かしくもいい匂いのする読書体験ができます。

 これからも、個別に紹介していきたいと思いますが、今日はこれらの本のセンスを垣間見る一コマ

f:id:bochibochidou:20160305221140j:plain

 今日もお休みなさい、いい夢をzzz…