ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

緊急事態宣言の日

荒れた日、うららかな日が交互に訪れる今日この頃

f:id:bochibochidou:20200407200458j:plain

今日は日がな一日、外でお天道様を浴びていました。

 

とうとう、緊急事態宣言が発令され、地元福島でも感染確認者の数が積み上がってきています。

東京の古本屋さんからも続々「当面の閉店」のお知らせ

会津の知り合いのカフェでも、テイクアウトに舵を切ったところが。。。

 

どうすんだべなぁー とぼんやり考えても、はっきりした答えがある訳でもなく、うららかな今日は、一日フラフラしておりました。

f:id:bochibochidou:20200407201407j:plain

磐梯山もなんだか春めいています。立派です。

f:id:bochibochidou:20200407201553j:plain

f:id:bochibochidou:20200407201554j:plain

花見の穴場、大学の裏の桜は、もう今週は爛漫の季節を迎えるようです。

 

自然はさほど人間に関心を示すものではありませんが、故郷の自然は、淡々と季節の営みを繰り返してくれます。

そういえば、日本の自然に並々ならない関心を示し、行動した作家C.W.ニコルさんが亡くなられました。

調べたら、今ぼちぼち堂にはこの2冊

f:id:bochibochidou:20200407202136j:plain

「マザーツリー」は片岡鶴太郎さんとのコラボ

「野生の叫び声」は大好きな開高さんとのコラボです

 

緊急事態宣言の夜、スーパームーンはじっと私たちを見ているようです。

春爛漫

日向でじっとしていると暑いぐらいの陽気

まさに春爛漫

 ぼちぼち堂の周りも、イエロー、ピンク、ホワイトの花盛り

f:id:bochibochidou:20200404202656j:plain

f:id:bochibochidou:20200404202654j:plain


f:id:bochibochidou:20200404202658j:plain

どれも押し付けがましくなく、可憐で美しい

 

今日の秘密調査員も、この陽気に誘われたように外に出ずっぱり

f:id:bochibochidou:20200404202834j:plain

花を愛でたり(?)、門番としてお客様にガン飛ばしたり、忙しそうでした。

f:id:bochibochidou:20200404202935j:plain

(看板、手抜きです^^;;)

 本日のお客様は、歩きか自転車でいらっしゃる近場のお客様多く、車でいらしたのはたったお一組でした。これもぞわぞわする騒ぎのせいか?ぼちぼち堂も(ちょっとだけ)人の集まる飲食店の訳で、今後の情勢にちょっと思いを馳せるこの頃です。

この店を始めて、ほとんど街に繰り出すことのないオヤジですが、街中の飲食店さんはどんなもんなんでしょうね。。。

 

今日も脈絡なく、手じかの文庫本のご紹介

f:id:bochibochidou:20200404203542j:plain

<個別に業務連絡>

横田順彌”出し始めましたよー

春の雨

優しい春の雨が降っている、4月の始まり。

3月末のお休みは、雪が降ったりしましたが、概ねいいお天気でした。

f:id:bochibochidou:20200401195331j:plain

狛犬みたいな雪だるま

対抗して、ぼちぼち堂のこいつ

f:id:bochibochidou:20200401195452j:plain

精一杯こわい顔で、自分の陣地を守っているかのようです。

 

不要不急の出歩き自粛を待つこともなく、オヤジはいつもの近所見回りに終始していますが、あちこち一斉に咲きほころんできましたね。

f:id:bochibochidou:20200401195649j:plain

f:id:bochibochidou:20200401195701j:plain

 

今日は、あんまり深刻でないこんな本

f:id:bochibochidou:20200401200641j:plain

いずれもちくま文庫の良書。浮世のなんだかんだを忘れられそうです。

 

そして最後は、令和2年初頭に旅立った本たちの紹介です

f:id:bochibochidou:20200401200916p:plain

f:id:bochibochidou:20200401200925p:plain

f:id:bochibochidou:20200401200935p:plain

f:id:bochibochidou:20200401200945p:plain

何と言っても、塩野 七生の大著「ローマ人の物語」43冊セットが一括して旅立って行きました。

合わせて今回は、松谷みよ子「むかし話」10冊セットなど、なかなか動かないセット物が動き、ふむーと思った次第です。

 

さて、お客様の判断次第ではありますが、ぼちぼち堂 今の所いつものようにぼちぼち営業を継続のつもりです。

2020年春の営業案内

 ※通常の記事は、このお知らせの下にあります。

 

 この時期、いろんな会合の昼食予約があり、一般のお客様のご利用に制限が出ることがあります。よってしばらくの間当ブログのトップに、営業のお知らせを掲載することといたします。

 追加状況については、都度更新しますのでたまにのぞきに来てください。

 

【2020年春の営業案内】

■  2月29日(土)  ランチタイム奥の座敷貸切です

            テーブル席はOKですが、ランチ数些少となります

■  3月 1日(日)  ランチ残り些少です。

            ご来店前に連絡いただけると幸いです。

■  3月12日(木)  ランチタイム奥の席貸切です

■  3月13日(金)  13:00ごろ〜奥の座敷貸切です

■  3月15日(日)  ランチタイム全席貸切となります

■  3月29日(日)  ランチタイムテーブル席貸切です

            奥の座敷はご利用可能ですが、12:20〜13:30は多忙です

■ 4月 4日 (土)  13:00ごろまで、奥の座敷貸切です

  ※いずれも喫茶/古本のご利用は可能ですが、事前にご連絡いただけるとありがたいです

 

f:id:bochibochidou:20200226200347j:plain

春寒の湯川  でも今年は暖冬で、白鳥も一足早く旅経つようです。

土筆が出てきました

あっという間に土筆ん坊がニョキニョキ顔を出していました。

f:id:bochibochidou:20200327201324j:plain

この空き地には、毎年毎年この季節にはびこります。土筆は別名「地獄草」と言われるぐらい厄介な植物なんだそうです。

 

厄介といえば、目に見えないウィルス

ぼちぼち堂の棚にも、こんな本が一冊だけありました

f:id:bochibochidou:20200327201556j:plain

細菌学の大家であった、吉川昌之介が1995年に書いた本ですが、研究者の激減を嘆いて、現在のこの騒ぎを予見/警告しているような本です

 

一番強いものは「変化するものである」の言に習えば、強いのはどっちだとすぐ答えが出てしまいますが、宿主を死に至らしめるものも淘汰されてしまうハズなので、どうなんでしょうね、、、結局危ういところでバランスが取られるものなんでしょうか。

 

いずれ専門的なことはわからないオヤジです。せいぜいこの人の、天真爛漫な毒にニヤッとするぐらいが、いいところかもしれません。

f:id:bochibochidou:20200327202738j:plain

編者の呉智英によれば、水木しげる先生は、妖怪漫画家であるとともに、より優れた風刺漫画家であったそうな。

 

小人凡人がいくら考えても、何が正解かはよくわからず、鬱々とした嫌な気分が残るだけです、せめて春の美しい夕暮れで心を癒しましょう。

f:id:bochibochidou:20200327203111j:plain

やけに姿勢のいいシロサギが、眺めに来ていました。

f:id:bochibochidou:20200327203151j:plain

ちぎれ雲

清潔なちぎれ雲が、春休みを祝っています。

f:id:bochibochidou:20200325194826j:plain

もじゃもじゃ頭のおじさんが目尻を下げている姿??。(某デザイナーさんの見立て??)

f:id:bochibochidou:20200325195003j:plain

風は冷たいのですが、うなじに当たる日差しはポカポカ。こいつも雲を眺めに浮かれて木登りに精出し、あとはぬくぬく日向ぼっこ。

f:id:bochibochidou:20200325195241j:plain

コロナ休みからダラダラと春休みに突入。

最近姿を見せない子供達もいつの間にまた現れ、、、そうそう「ぼちぼち堂評論家」もなんとこの春は中学生!! 先日は「卒業式だったよ」と。スーツ姿で挨拶に来てくれました。

 

早いねー。あっという間だねー。

自然が人間に関心を持っている訳ではありませんが、毎年訪れる春は、いつも新しい気持ちで迎えたいものです。

f:id:bochibochidou:20200325200257j:plain

f:id:bochibochidou:20200325200259j:plain

 

今日も絵本系の品出し

定番もの、新し目の古本(?)出しました。

f:id:bochibochidou:20200325200839j:plain

オヤジとしても、楽しみにしていたイベントが続々中止/延期となっていますが、まだまだ息の詰まるような春休みのひと時、静かな時間の流れるぼちぼち堂でホッと一息入れてはいかがでしょう。

飲食なしで、本を眺めるだけ、将棋を指すだけ でもOKですよ。

季節は巡る

うららかな日と荒れた日が交互にやってくるこの頃

f:id:bochibochidou:20200321201932j:plain

三連休の中日、今日のぼちぼち堂はのどかすぎて、静かに時間が流れていきます。

季節は慌ただしく巡り、流れているのに、お客様はとんと流れてきません。

  コロナのせいなのかなぁ、、、と思うことにして、昼寝を決め込むオヤジです。

 

暇に任せて、またぞろゆるゆると品出し

f:id:bochibochidou:20200321202304j:plain

定番 くまさん シリーズ3冊集まりました

 

春の夢見に最適な不思議/幻想系の本も

f:id:bochibochidou:20200321202411j:plain

これだけ違う傾向の本が並んでご覧になれるのも、ぼちぼち堂ならではとか

 

連休最終日、また荒れるようですが、ふと思い立ったら、ぼちぼち堂でゆっくりした時間とお食事を楽しんでくださいナ。

 

【CM】「ぐるっと会津」の会津若松市のランチ特集に、ぼちぼち堂が載りました

    なお、ある日の定食写真は、お客様から拝借いたしました(深謝)

www.gurutto-aizu.com