ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

水仙月

厳しい冬を乗り越え、春が近づいていることを表した、宮沢賢治の創作した架空の月の名前  「水仙月」

今年の会津は雪も少なく、とても厳しい冬とは言えませんでしたが、もはや水仙月がやってきたようです。

あいかわらず世間では、目を背け耳を塞ぎたくなるようなあれやこれや。

身の回りでは、昨年夏から毎月のように、友達や仲間の訃報が飛び込んできます。

胸が重たくザワザワする毎日。それでも季節はめぐり、こんな穏やかな夕暮れ。

40年余におよぶ都会での生活を終え、この景色に戻ってきたのは良いことだったと思えるのが、小さな救いと思えます。

われらの磐梯山もお月さんも、やさしく見守ってくれているのでしょうか。

 

 …そんな考えにとらわれて、必要以上に暗くなるのもいやで、ブログの更新も滞っておりましたが、ぼちぼち堂はいつもの通りです

 常連さんがポツポツ集まって、たわいのない話をしてああー美味しかったと帰っていって、ランチタイムが終ると、うたた寝ができる静けさ…

 それでもたまに、オヤジのつけた古本の値段を値切ることに無常の喜びを見つけたご隠居さんや、シンガポールからいらして、「いんぐりっしゅおんりー」といいつつご飯おかわりの旅人や、そうそう先週は、店に来るなり「地球は丸くないのだ!!」と確信を持って説くおじちゃんやら、、、時々は刺激的なぼちぼち堂です。

 そしてとうとうある日、、、

何年ぶりでしょうか、ぼちぼち堂にTVクルーの群れが!それも10名の大編成!!「

 守秘義務契約?に縛られて、この顛末は3月後半にお知らせの予定でーす。

 

さて今回のお題は、「水仙月」 

もちろん宮沢賢治の絵本あります。絵は赤羽末吉です!!

 

まんまる月の夜

「もうすぐできるよー」 とのお話をいただいてからいつのまに1年。。。

会津の作家さんから、やっと出来立ての絵本が届きました

「まんまる月の夜」

 静かな里山の森の奥、碧い青い夜に、会津弁でぽつりぽつり語られる、梟じんちゃのお話。 それは美しい絵本ですが、子供にはちょい難しすぎかな。

都会での仕事を終え、故郷に戻ったぼちぼち堂のオヤジにはしみる物語です。

この梟じんちゃのように、「さぁ、そろそろいってみっぺかな」と、故郷の風景に還っていけたらいいなぁーと。。。

会津の児童文学者、奥会津の芸術家、喜多方の音響職人の豪華コラボ!!

QRコードで、作家さんの朗読が聞けます)

帯の推薦文も、コクテイル書房の狩野さん、古書善行堂の山本さん、メリーゴーランドの増田さんと、知る人ぞ知る達人・名人揃いです!!

会津の本屋にいつ並ぶかはわかりませんが、ぼちぼち堂で取り扱わせて頂いてます。

 

この本を読んだら、湯川でいつもひとりぼっちで暮らしている、白鷺じんちゃ(もしかしてばんちゃ?)のことがとても気になりました

今日の雪は大変だべなぁー

 

さてぼちぼち堂も負けずに、気になる古本を何冊か品出し

 

火の祭り

  昨日はピーカンのお天気、今日は雨が降って、と、すっかり 溶けてしまいましたが、週初は今シーズンはじめて、本気で真面目に雪が 降りました。

1日でこのぐらい。。。15cmぐらいでしょうか

早速雪だるまを作って拝みます

そして、この大雪の前の日曜日は、無病息災を願っての火祭り「歳の神・どんど焼き」が行われました。

かくゆうオヤジ、家系は一応神道ですが信じている神様はないはずなのに、巨木や巨石、静かな山の中、沈む太陽、夜空に浮かぶお月様、何でも拝んでしまいます。

 

毎年どんど焼きの火の踊りを拝めるのは、会津に帰郷した良いところの一つでね

ということで、冒頭の写真はこの年らしく「天に登る龍」

次は「天に吠える犬」あるいは麒麟

左上には、三日月も顔を出しています

これは、なんでしょう

勝鬨を上げる鶏でしょうか、。。

 

今日の本のご紹介、たまたま目についたので集めてみたら、単行本がこれだけ

マンガ論の本たち

 

最近のオヤジは、文学はもとよりマンガも何を読んだらいいものやらと分からなくなっているのですが、子供の頃夢中になって読んで強く印象に残っている一つは、これですかねぇー

 

寒の入りですが…

例年荒れるという十日市も好天のうちに終わり、気味が悪いぐらい雪の無い会津です

 学校が始まったぼちぼち堂画伯が、ひさびさにエントランス看板を書き換えてくれ、珍しく看板娘が畏まっております。

日本では新年から大変な災害や事故があって、相変わらず世界全体も目を覆いたくなるような事態が続いています。

今年もなんだか暗澹とした幕開けですが、新年ぐらい新しい気持ちで行きたいですね

 

その実態は、定食屋7割、古本屋2割、近所の悪ガキの遊び場1割といったぼちぼち堂ですが、今日は「古本屋としてのぼちぼち堂」2023年の振り返りです

 

いつものように、人気の作家一覧(字の大きさが人気の大きさに比例)

会津ブックフェアでのヒットもあってか、オヤジ一押しの「開高健」が一位

昨年仕入れに力をを入れた「ヨシタケシンスケ」が僅差の2位

いつも人気のだるまさんシリーズ「かがくいひろし」さん以下は、内田百閒、色川武大寺山修司などなど、昭和の作家が続いています。

なかなかいバランスだったなぁと自賛してますが、如何??

 

ちょっと見にくい上に長いですが、今回は(一部)書影も

開高健だけ備忘として)

 

2024年のぼちぼち堂、新しい本・絵本も続々入荷/再入荷してますよー




 

寝正月の終わり

2024年「明けましておめでとうございます」とは言えない波乱の幕開けとなってしまいました。

寝正月を決め込んでいたぼちぼち堂も、今日はあわてて近場の神社を梯子 手を合わせて参りました

いったい何に向かって手を合わせているのか、この年になっても判然としないのですが、小さい頃から染みついた(あるいは生まれる前から?)習性のでしょうか…

こんな時、小人はおろおろして何かに手をあわせるものなんです。

不穏な世の中に引き摺られてか、なにかの予兆にも思えてしまう雪の無い三が日

会津のお城は、泰然として聳えておりました(ここにも合掌)

例年初詣で長蛇の蚕養様には、誰もいませんでした

磐梯山の雪もまだこんな感じ

 

世界中のやまない争い、百年一日の疑獄疑惑、まだジクジク疼いていろ感染症

輝く二十一世紀は何処だーっ!! と叫びたい気持ちにもなりますが、居直るでもなく、諦めでもなく、今年もぼちぼち堂 ぼちぼちあゆんでいこうと思います。

よろしく おつきあいください

 

  明日から通常営業です

ぼちぼち堂の年末年始(2023年度)

【業務連絡】ぼちぼち堂の年末年始の営業案内です

 

🔲 2023年12月28日(木)まで、通常営業

  (月/火は定休日です)

🔲 2023年12月29日(金)〜2024年1月4日(木)まで

  年末年始休業

🔲 2024年1月5日(金)〜 通常営業

 

もう一週間ちょっとでクリスマス

今年、一足早くいっちまったクリスマス好きの友人が、海外に行く度に買って来てくれた人形達が、ひっそり見守っています。

なんだかますます寒々しい世間の情勢ですが、来年はちょっとだけでもいい年になるといいですね。

 

さて、先日は会津ブックフェアで旅立った本達のご紹介をしましたが、今日は逆に止まった本をちょっと紹介。

 

これは必ず人気と思った、水木しげるの「コミック昭和史全8巻セット」

歴史好きにもコミック好きにも必読の書です

 

そしてもう一冊

なかなか古本では出ない、ショーン・タンの図録「ショーン・タンの世界」

これは、目玉本と思って特別にとりわけていて、そのまま出品を忘れてしまいました^^;

新品同様の美本です!!

 

明日からは本格的な雪の予報

ぼちぼち堂、せいいっぱい暖かくしてお待ちしております

 

大雪も過ぎました

 会津ブックフェアが終わってはや一週間

オヤジ同様、昨年購入した中古のiMACの調子もすぐれず、よたよたとこんな時間に、久しぶりのブログ更新です

 

気がつけば大雪の候もすぎ、寒々とした会津の冬を迎えようとしております。

空も、木々も、町並みも、みんなこんな感じです。

 

さて、やっと会津ブックフェアの販売結果をDBに登録しました

古本屋ぼちぼち堂としては、昨年対比2割減といったところですが、在庫のすごいガチ古本屋さんにまじって、よく頑張ったもんだと思っております

訪れてくださった皆さん、10日間頑張ってくださったスタッフさん達には大感謝

 

さて恒例 旅立った作家さんベストテンと一覧

ちょっとばかり力をいれた作家さん、特に開高健がダントツ一位だったことは嬉しいとともに、収穫でした。

植草甚一と内田百閒はどうもまとめ買いなすった方がいらっしゃったみたい。うちの在庫もほとんど一掃です

一方、案の定SF単行本はダメ。

中上健次やグレアムグリーンも動きませんでした。

 

ブックフェアはまた来年! と盛り上がっていますが、会津ではない場所でということにまりそうなのがちょっと残念、それでも皆さんこうご期待!!

今日はDBの機嫌がいいので、ちょっ小さいですが一部書影もお見せしますネ

 

年末/年始の営業は、、、思案中です。