読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

宮沢賢治

 宮沢賢治が好きです。

 でも今まで、賢治の作品をじっくり読んだ記憶がないので、宮沢賢治が醸し出す雰囲気が好きなのかもしれません。

f:id:bochibochidou:20160221203653j:plain

 それでも「永訣の朝」で涙し、「よだかの星」に深く影響を受け、「ビジテリアン大祭」の混乱した饒舌に共感を覚え、それらが心に残るものとなりました。

 パロル舎宮沢賢治画本の小林敏也のとぼけた絵も、とても好きです。

f:id:bochibochidou:20160221204411j:plain

 宮沢賢治が今の世の中に生きていたら、重力波やらカラビ-ヤウ多様体やらあるいは、原子力事故をどんな風に捉え、詠んだのか興味がつきません。

 

 オカミの実家から、またたくさんの食器類が届きました、ありがたいことです。

f:id:bochibochidou:20160221205149j:plain

 

 今日は雨のち雪。世間では日曜日。

 うちの特別調査員、かま猫のように働きもせず、春を待ちわびすぎてネコヤナギの鉢が開きすぎのようです。

f:id:bochibochidou:20160221205238j:plain