ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

先住者の子孫か?

荘厳なる夕焼け。会津地方の夏休みも、あと一週間を残すところとなりました。

f:id:bochibochidou:20170817195208j:plain

不順な天候で、新聞でも「サムサノナツハオロオロアルキ」という言葉が思い出されるなどとあります。その中でも会津地方はまだいい方だとの事ですが、実りの秋に向け、天候回復を祈るばかりです。

f:id:bochibochidou:20170817195644j:plain

それにしても、雲が面白い。

と、ふと足元を見るとこんなやつも、元気にやってきました。

f:id:bochibochidou:20170817195813j:plain

セミ捕りに夢中になっている、こめらやネコに見つからないよう、そっと草むらに戻してあげました。思えば2年前、この家を見学に来た時、初めてあった先住者がカマキリでしたっけ。   元気に育つんだよ。

 

さて、今日は整理が進んでようやく全巻揃ったので、この本のご紹介。

f:id:bochibochidou:20170817200148j:plain

ダン・シモンズ著 「ハイペリオン」四部作◇

ほとんどの海外SFオールタイムベストに挙げられる、ジョン・キーツ叙事詩を元に再構築した壮大な物語。

飽きやすいオヤジは、長い物語は苦手なのですが、この四部作だけは惹きつけられ、貪るように読んだ思い出があります。

 『ハイペリオン』上/下

 『ハイペリオンの没落』上/下

 『エンディミオン』上/下

 『エンディミオンの覚醒』上/下

全8冊、高さ18cm! 壮観です!!

f:id:bochibochidou:20170817200849j:plain

オヤジ推薦の物語 

 全巻まとめ買いのお客様には、サービスしちゃうかも!?

 

灯篭流し

小雨の中、湯川城西地区の灯篭流しでした。

f:id:bochibochidou:20170816201702j:plain

盆の送り火

ぼちぼち堂のお客様も、実家に帰ってきた子供やお孫さん連れのお客様が多くありました。今の気候もあって、なんだか夏の終わりを感じます。

f:id:bochibochidou:20170816202220j:plain

七日町にも観光客と思しきグループががぞろぞろ、ワンちゃんが眠たそうに店番をしている姿が見られました。うちの秘密調査員にも見習ってほしいものです(ムリ*笑)

f:id:bochibochidou:20170816202501j:plain

夏もそろそろ終盤。近所の木々はセミだらけ。近所のこめらや、今日は京都からいらしたお客様の子供たちと、相変わらず狩猟合戦をくり広げるこいつです。

 

さてお宝本品出しシリーズの最後を飾る本はこれ

f:id:bochibochidou:20170816202746j:plain

高山宏  処女作にして最高峰と言われる「アリス狩り」1995年新装版

f:id:bochibochidou:20170816203638j:plain

 

そしてもう一冊

f:id:bochibochidou:20170816203702j:plain

f:id:bochibochidou:20170816203754j:plain

表紙がアンチンボルト、裏表紙が若冲 いずれも最近話題の画家ですね。

1989年発行 「黒に染める」

 

 高山宏 この人のスピードについていくのは至難です。

 

 

匣の中の失楽/幻影城

お知らせの通り、明日(13日)は盆休みを1日いただきます。

 

暦の上では立秋が過ぎ、七年目のセミたちが、ミンミンジージーかしましい。

f:id:bochibochidou:20170811181400j:plain

 ぼちぼち堂評論家の弟たちが、朝から立ち回っております。(2人ともリュックを背負っているのは、夏休みバーバと喧嘩して家出の途中ということです^^;)

f:id:bochibochidou:20170812212412j:plain

それにも増してこいつは、、、^^;

地球に落ちてきた理由は、本当はこれなのかもしれませんネ。なんせ、蝉の人口密度が凄まじい、一本の木に30匹ぐらいいるでしょうか、テンション上がりまくりで、どんどん細い枝に登って行きます。オヤジはハラハラ見上げるばかり。

 

さて8月お盆の時節という事で、ぼちぼち堂の人口密度はとても少ないのですが、今日もまた頂き物

f:id:bochibochidou:20170812212823j:plain

甘いと評判のトマトが100m先のご近所から、後ろのオイル/ビネガーはおおよそ1000km離れたドイツ在住のお客様からいただきました。

 

さて、今日もお宝本紹介

 みなさん、日本3大奇書をご存知と思いますが、その系譜を踏んだ奇書、竹本健治作「匣の中の失楽」。

 夢野久作 『ドグラ・マグラ』(1935年)
 小栗虫太郎 『黒死館殺人事件』(1935年)
 中井英夫 『虚無への供物』(1964年)

この3大奇書と並んで、4大奇書と評することもあるようです。

f:id:bochibochidou:20170812214114j:plain

竹本健治が、学生時代にこれを書いたというのも素晴らしい。

いつかは集めたいと願っているのですが、一向に3大奇書の元本にはお目にかかれないのですが、この本は出版が1978年と比較的新しいせいか、幻影城の元本/初版です!

(ちなみに、3大奇書(元本ではありませんが)もちろん在庫あります)

f:id:bochibochidou:20170812214438j:plain

 

 おっと、昼間さんざん駆り立てられた仕返しか、ぼちぼち堂店内に、蝉の襲来です。

f:id:bochibochidou:20170812214657j:plain

16日の営業再開時は、占領されてたりして。。。

 

 

 

8月13日(日)ぼちぼち堂は臨時休業です

f:id:bochibochidou:20170811181400j:plain

8月16日(水)から、またお待ちしております。

 

本格的な夏休みは、9月に撮らせていただく予定です。

秋のイベント「会津まつり」「Book!Book!AIZU」

夏真っ盛りですが、会津のこれからの秋のイベント2つご紹介です!!

f:id:bochibochidou:20170810200531j:plain

まずは何と言っても会津まつり」

9月22日〜24日、毎年恒例の会津の秋を彩るお祭り、藩公行列や盆踊りなど、多くの催し物に、県外からもたくさんのお客様が訪れる一大イベントです。

ぼちぼち堂に張り出して誰が見るんだとツッコミ入りそうですが、会津でお店をやっている事を自覚できるので、今年も早速張り出しました。

 

もう一つ、ぼちぼち堂もこれで4回目の参加でしょうか「Book!Book!AIZU」

 

f:id:bochibochidou:20170810201142j:plain

10月9日(月・祝) 東邦銀行会津支店南側パークングエリアで開催される「一箱古本市」を中心として、様々なイベントが和気あいあいと実施されます。

http://bookbookaizu.info/    ←詳しくはココ

まだ出店枠はあるようですので、あなたも一日「古本屋さんごっこ」を楽しんでみませんか?

 

お宝本のご紹介その2

f:id:bochibochidou:20170810202658j:plain

石ノ森章太郎「ボクのらくがき帖」

石ノ森章太郎による創作の原点ともいえる落書き、アイデアスケッチ、絵コンテのほか、プライベートで描いた色紙など多数掲載された図録。

f:id:bochibochidou:20170810203651j:plain

f:id:bochibochidou:20170810203254j:plain

f:id:bochibochidou:20170810203212j:plain

函入りの美本

f:id:bochibochidou:20170810203235j:plain

限定3000部

 

さて実りの秋に向け、会津の稲も出穂しているようです。

f:id:bochibochidou:20170810203954j:plain

f:id:bochibochidou:20170810204020j:plain

 

 

台風一過、アマガエル

f:id:bochibochidou:20170809202840j:plain

台風5号が過ぎて行きました。

庭先のアマガエルがなんだかめごくて、今日の1枚。

f:id:bochibochidou:20170809202945j:plain

最近蝉の撲滅活動の勢いのこいつ、いつもはちょっかいを出すカエルには目もくれず、ひたすらセミ捕りに精を出しています。ご近所の庭に忍び込んで、その上ヤブ蚊に狙われるので、オヤジはもう大変です。

 

今日は、久しぶりに最近のおまかせ定食のラインアップをご紹介。

f:id:bochibochidou:20170809203452j:plain

暑くて、食欲の進まない季節。オカミは四苦八苦。先日の「ラーメンください」に触発されたのか、そうめん/うどんなんかもご提供したりしています。

 

またまたお客様からの本のリクエストで、在庫をごそごそ。またいい本がどんどん出てきたので、まずはこれをご紹介。

f:id:bochibochidou:20170809203910j:plain

寺山修司没後30年を記念した2013年の展覧会の図録

「帰ってきた 寺山修司

寺山の中学、高校時代の資料、手紙、もちろん天井桟敷のポスターなどなど、数々の貴重な写真が満載です。ずっと我々を挑発し続けた寺山修司は、今も不滅です。

f:id:bochibochidou:20170809204427j:plain

 

現代に生きる私たち。原子力の持つ様々な意味、意見、方向性…

百年たったら、本当はどうであったか、わかる日が来るのでしょうか…

さて。。。

 今日は、長崎の日でした。

f:id:bochibochidou:20170809204650j:plain

 

 

 

普通の一日、、広島の日

暑い毎日が続いています。

f:id:bochibochidou:20170806202417j:plain

みせが終わってちょっと涼しくなった頃、夕暮れを眺めに行くと、ホッとします。

f:id:bochibochidou:20170806202733j:plain

その夕暮れを、入道雲が座って眺めています。

f:id:bochibochidou:20170806202807j:plain

ひまわりも満開

 

暑いけれども普通の一日。広島の日。夜空には十四番目の月が、雲間に煌々と綺麗。

こんな日がずーっと続くといいですね。

f:id:bochibochidou:20170806203854j:plain

 さて、明日はもう「立秋」 夏休みはまだですが、ぼちぼち堂は八月十三日(日)

臨時休業といたします。

 

今日の本のご紹介は、夏休みの子供たちにぴったりの、こんな本たち

f:id:bochibochidou:20170806203436j:plain

中でも、「ノラネコの研究」。町の野良猫を一日中追いかけた労作?。

子供達だけでなく、猫ストーカーのあなたにもおすすめ。

 

こいつは毎日<真剣>です

f:id:bochibochidou:20170806204032j:plain