読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

春の景色

これ、なんだかわかりますか

f:id:bochibochidou:20170425155245j:plain

 

 

f:id:bochibochidou:20170425163104j:plain

 この数日、安定した春の陽気。

こんないい日に、外に散歩に出ないなんてなんたることか!と訴えかける我が家の秘密調査員の勧めに応じて、ブラブラ出かけたぼちぼち堂裏の春の小川。

そこで繰り広げられる、水と日光の即興劇です。

f:id:bochibochidou:20170425163423j:plain

こいつも、散り始めた桜の木によじ登って、ご満悦。

 

 桜吹雪を期待して足を伸ばした鶴ヶ城。城内は中国語(?)が飛び交い、観光客で混んでいましたが、外苑はこんなにゆったりと花見を楽しむ人がいました。

f:id:bochibochidou:20170425163844j:plain

もう少し、満開の桜が楽しめそうです。

f:id:bochibochidou:20170425163831j:plain

 

マリリン・モンロー・ノーリターン

残雪となった夕暮れの磐梯山

f:id:bochibochidou:20170422201340j:plain

今日も春の一日がくれていきます、日が落ちると少し寒い。

残り少ない灯油を気にしながら、夕方からはまだストーブが必要です。今日の夜桜見物の方、こと座流星群を眺める方も寒さには注意ですね。

同じ時刻の夕日

f:id:bochibochidou:20170422202109j:plain

 

 桜にも流星群にも関係なく、今日は唐突に「野坂昭如」の本のご紹介。ちょっと風流とは遠いかとも思ったのですが、

f:id:bochibochidou:20170422202147j:plain

全部、昭和の本ですが、あらなんと装幀がどれも素敵です

 あやふや 昭和53年  装幀:永田 力

 色即回帰 昭和44年  装幀:司 修

 マリリン・モンロー・ノーリターン 昭和47年  装幀:横尾 忠則

 わるい本 昭和41年  イラスト:井上 洋介

それもそのはず、いずれも巨匠揃い。

f:id:bochibochidou:20170422203129j:plain

読んだ後は、ピンナップ写真のように壁に貼ってくれとの事です。

 

なんにせよ、昭和の一時代を画した人でした、野坂昭如

マリリン・モンロー・ノーリターンのあとがきに曰く

「〜あらゆる色の光がまじり合い、入り乱れると、白光に輝くという〜」

 

うららかな春の一日

春うらら 今日は穏やかな一日。

f:id:bochibochidou:20170421223835j:plain

「うらら」ってなんだろうと調べたら「麗」と書くんですな。

f:id:bochibochidou:20170421223930j:plain

先日の強風で、どこからか枝ごと桜が飛んできていました。

会津若松は、桜の便りで文字通り花盛りです。

f:id:bochibochidou:20170421224058j:plain

f:id:bochibochidou:20170421224103j:plain

タンポポもいつものように。

秘密調査員は、ニュキニョキ生えたつくしの密林で、むし探しに余念がありません。 一日何度も散歩に付き合わされ、オヤジの運動不足解消に寄与してくれます。

f:id:bochibochidou:20170421224333j:plain

 

こちらは、小学高学年から中学生ぐらいを意識した棚。

ちょこっと、旅行のガイドブックもあります。

f:id:bochibochidou:20170421224604j:plain

お休みに、家族揃ってブラブラと、ぼちぼち堂でお食事はいかがでしょう。

ゴールデンウイークの休日は、すべて営業予定です。

 

 

嵐の中ふちネコ三態

さいた桜に嫉妬するように、全国的に強風の荒れ狂った水曜日。たまたまお昼時は日が差す時間もあり、ぼちぼち堂定番「ポテトコロッケ」完売でした。

f:id:bochibochidou:20170419200541j:plain

 写真はなぜか、ひところブームのあったふちネコ三態。うちの秘密調査員はグレーなのですが、ちょっと似てなくも無い。

 

今日は春のイベントのご紹介を一つ。

f:id:bochibochidou:20170419200955j:plain

早戸温泉、つるのIORIカフェで行われる、「ピクニックマーケット」

ぼちぼち堂のお世話になっている「豆やよーだcoffee」さん御出店!

つるの湯はいい温泉、仕事をサボってオヤジも行きたい場所です。ぜひ皆さんお出かけください!

 

さてさて、ごほんとごはんのぼちぼち堂、このところごはんの部はいい感じなのですが、ごほんの部の調子が今ひとつ。。。

それではということでもありませんが、今日のご紹介は、「山田風太郎

 たまたま今日のBSでいい番組をやってましたね。奇才と言われる風太郎をもっとよく知るのにうってつけの本たちです。

f:id:bochibochidou:20170419200932j:plain

ついでに、棚の様子も少し。

そろそろ入れ替えしなくっちゃなぁーと思いつつ。。。

f:id:bochibochidou:20170419202717j:plain

f:id:bochibochidou:20170419202719j:plain

以前もご紹介しましたが、宮内悠介「盤上の夜」はオススメです!!

阿弥陀寺六地蔵

花に嵐の例えのごとく、昨夜はすごい雨でしたが、今日は花曇り

f:id:bochibochidou:20170418105943j:plain

わがぼちぼち堂の、最寄駅と言えないわけでも無い只見線七日町駅」の目の前にあるお寺のお地蔵さんです。

f:id:bochibochidou:20170418110109j:plain

f:id:bochibochidou:20170418110111j:plain

七日町通りは、観光シーズンの始まりか、修学旅行生や観光バスが目立つようになりました。これから、お花見、ゴールデンウイークと、賑わいを見せるのでしょうね。

 

ここ、ぼちぼち堂のある緑町では、相変わらずひっそりと、でも花は満開の季節です。

f:id:bochibochidou:20170418110352j:plain

f:id:bochibochidou:20170418110354j:plain

f:id:bochibochidou:20170418110357j:plain

f:id:bochibochidou:20170418110359j:plain

 

この季節、音痴のオヤジが、人知れず口ずさむ歌をご紹介。

 

 同情(あわれみ) 作詞:塚原将 曲:小椋佳

花の散ることは淋しいことなのだが
花の散ることは誰でも知っていて
やがて実のなる頃には
すっかり忘れてしまうのに
ほんの短い時間が
余りにひっそりとする為に
情け深い偽善者が
深刻な顔で腕をくむ

その実を口にする時
誰が花のことまで想い出すものか
ただ
甘ずっぱいと思うだけで
所詮 同情なんてそんなもの

可哀そうにと涙ぐんでる目に
花は満開の季節だ

 

 

お約束の看板猫 の姿

 一転、春のポカポカが戻って来て、昨日は丸くなっていたこいつも、今日は朝からお約束の看板猫をしておりました。

f:id:bochibochidou:20170414201953j:plain

鋭い瞳で、何を狙っているんでしょうね。。。

 

今日は、最近の「おまかせ定食」のご紹介。

いつものようにあっとランダムですが、オカミ曰く「そろそろ煮物は終わりだねー」

f:id:bochibochidou:20170414202216j:plain

f:id:bochibochidou:20170414202219j:plain

f:id:bochibochidou:20170414202217j:plain

f:id:bochibochidou:20170414202221j:plain

f:id:bochibochidou:20170414202224j:plain

f:id:bochibochidou:20170414202226j:plain

最近は安定して、何かしらケーキを作ることも多くなりました。

おまかせ定食(680円/お飲み物付き)とご一緒で880円でご提供しております。

 

そうそう、昨日開けた箱からこんないい本が出て来ましたよ。

f:id:bochibochidou:20170414202539j:plain

あのムーミンで有名な、トウベ・ヤンソンの自伝的小説「彫刻家の娘」

1973年の講談社文庫、初版、スエーデン語で一番はじめに出版されたほんとおなじ装丁。>>>トウベのお父さんのアトリエの写真が使われています。

 小さな少女を胸の中に持っている、大人のあなたにぴったりの本です。

 

 

 

寒い寒い

今日の午前中は風が強く寒い一日、皆さん寒い寒いとお店に入ってこられます。

f:id:bochibochidou:20170413204441j:plain

f:id:bochibochidou:20170413204619j:plain

 全国から、桜の便りが届いていますが、ここ会津でもこれから様々な花が一斉に、競うように咲き出す季節を迎えます。

 

四年生に進級したぼちぼち堂評論家は、「フランス人のジム」(あだ名らしい)を引き連れ、袋いっぱいのおやつを携え、ぼちぼち堂でぽりぽり。

オヤジのおやつは掠めとるくせに、オヤジには自分のおやつを分け与えようとはしません。。。お昼も食パン一枚で、腹へったおやじ。自分の小学生の頃は、お小遣い10円だったよなぁーと、ちょっと羨ましい^^:;

 

 最近ありがたい事にお友達から託される本の数が多くて、本の整理に追われ、新しい本が出せないのでいるのですが、またちょっと品出ししようと思ってます。

f:id:bochibochidou:20170413205400j:plain

気になる本はあるでしょうか?

ちょっと疲れたあなた、今難しい本はイヤだという方には、こんな本も

f:id:bochibochidou:20170413210001j:plain

 

さてこいつは、暖かくなるのを待って、しばしストーブ独り占めです。

f:id:bochibochidou:20170413205539j:plain