ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

2019年秋の営業案内

※通常記事は、この下にあります。

 

事前に分かっている範囲で、この秋のぼちぼち堂の営業をおしらせします。

 

◆11月 4日(月) あいづパンフェスvol.1 参加予定

           於:道の駅あいづ会議室

◆11月9日(土)〜10日(日) 臨時休業

◆11月17日(日) ランチタイムテーブル席貸切

           カウンター席と奥の座敷はOKです

◆11月23日(土) ランチタイム貸切です

           13:30ごろから、喫茶/古本をご利用ください

 

今後も追加/訂正 随時行います

 

遠くに、かそけき花火。夏の終わりですねー

f:id:bochibochidou:20190909143018j:plain

 

f:id:bochibochidou:20191106230640j:plain

これは家のコタツから(^^;)チラ見した、あいづ煙火 冬の始まりです

小春日和 のち 爆弾低気圧 かっ?

今日は本当に穏やかな小春日和

f:id:bochibochidou:20191113194414j:plain

先日の東京からの帰り、東の空ではこんな凛々しいお月様が、ずーっと照らしてくれていました。

f:id:bochibochidou:20191113194550j:plain

そして夕日も優しい。

 

晩秋のこんな佳い日は、「旅愁」という言葉が自然に浮かんできます。

f:id:bochibochidou:20191113194746j:plain

「なきたくなるほど、旅に出たい」  なきたくなるほど のひらがながいい。

 

一転明日から北の地では、爆弾低気圧。雪が降るという話もちらほら。

でも大丈夫。

ぼちぼち堂ではしばらく、素敵な新着本で皆さんの気持ちをほっこりさせられますよー。

f:id:bochibochidou:20191113195406j:plain

第一弾は、村上朝日堂 村上春樹安西水丸の黄金コンビ、「夜のくもざる」

f:id:bochibochidou:20191113195519j:plain

f:id:bochibochidou:20191113195507j:plain

安西ワールド、全開です!

 

東京へ行ってきただ!

土日お休みして、東京へ行ってきました。

f:id:bochibochidou:20191112200228j:plain

母校の近くで、久しぶりの上京をご報告(誰にじゃ?)

 

昔の仲間に会ったり、子どもの引っ越し先を視察したり、、、

f:id:bochibochidou:20191112200404j:plain

たまたま通りかかった皇居近くでは、そういえば一世一代のパレードのあとでした

f:id:bochibochidou:20191112200505j:plain

終了してしばらく経っているのに、国旗を持った観客と、それにも増して警察官の多いこと多いこと。

f:id:bochibochidou:20191112200608j:plain

f:id:bochibochidou:20191112200612j:plain

まあクリスマスも近いからか、ひさかたぶりの東京はチカチカしとりましたわ。

 

もちろん当然こんな怪しいところにも顔を出し

f:id:bochibochidou:20191112200736j:plain

古本も大量ゲット

まだまだ整理に時間がかかりますが、だんだんに店頭に出していきますので、乞うご期待!!

f:id:bochibochidou:20191112200834j:plain

ぼちぼち堂には珍しく、こんな旬な本も!(もう古い?)

何と言っても、万人受けしそうな一押しはこれ「佐野洋子の何食ってんだ」

f:id:bochibochidou:20191112201033j:plain

 

晩秋点景

季節が駆け足で走り抜け、もう明日は「立冬

あの大雨以来、日に日に寒くなり、もう日中でもストーブの恋しいこの頃です。

ぼちぼち堂では夏からいろいろあって、気がつくといつの間にか初雪の便りも聞こえてきます。

 

f:id:bochibochidou:20191107202904j:plain

このブログの更新もうそ寒い状態になっていました。上げらなかった晩秋の写真を何枚か、ポツリポツリと。

f:id:bochibochidou:20191107203059j:plain

矢箆原湿原の沼に映える紅葉

f:id:bochibochidou:20191107203214j:plain

渋い色合いの、雨に濡れた落ち葉一枚

f:id:bochibochidou:20191107203252j:plain

寒そうな細い月

f:id:bochibochidou:20191107203323j:plain

そして冬の煙火 

この時うちの秘密調査員がパニックを起こし、ちょっとだけです。

 

こんなうそ寒い夜は、ストーブの前でこんな本はいかがでしょう

f:id:bochibochidou:20191107203453j:plain

ピーター・アトキンス著「ガリレオの指」

「1.進化ー複雑さの出現」から「10.算術ー理性の限界」まで、人類の打ち立てた10の主要理論。

歯ごたえあり、頭がぐるぐるします。

第一回あいづパンフェス 無事終了しました

一箱古本市を除くと、ぼちぼち堂史上初めての出張

元気なスタッフさんとお客様のおかげで、賑々しく終了いたしました。

f:id:bochibochidou:20191105192947j:plain

お天気には恵まれましたが、(ほぼ?)最年長出店者のぼちぼち堂には、強い風が寒かったぁ〜

生まれて初めて、ホッカイロなるものにお世話になりました

f:id:bochibochidou:20191105193132j:plain

それでも、磐梯山が見守るなか

f:id:bochibochidou:20191105193202j:plain

こんな感じでやってました。一箱古本市よりちょい Vup^^/

パンフェスということで、パンにまつわる本というお題でしたが、本好きのお客様もちらほらおいでになり、ほぼ途切れなく棚を覗いてくれました。

やはり、絵本/こどものともヴィジュアル系の本が好評だったようです。

f:id:bochibochidou:20191105193523j:plain

搬入/搬出、本棚の組み立て等、思いの外手間でしたが、心地よいイベント

各お店のパンは午前中にほとんど売り切れ状態で、オヤジは焼き芋しか食べられませんでしたが、本旨は達成といったところです。

 

家に帰ってホッと一息、このイベントのために選書した本をまるっと忘れたことに気がついたぼちぼち堂でありました。

f:id:bochibochidou:20191105193934j:plain

 

昭和村 喰丸小学校

市内でも、朝は一桁の気温。

台風の襲来も含め、雨の多い今年の秋ですが、ぼちぼち堂お休みの月曜は貴重な秋晴れ。

友達に誘われて里山に出かけました。

f:id:bochibochidou:20191030201901j:plain

今はもうかなり有名になった、昭和村食丸小学校

f:id:bochibochidou:20191030202220j:plain

かの大銀杏も色づきはじめました。

f:id:bochibochidou:20191030201952j:plain

本当に美しいフォルム。保存運動をした方々はエライ!!

あいにく、月/火はお休みとのことですが、せっかく来たのだからと、中を見学させていただきました。

f:id:bochibochidou:20191030202421j:plain

最初に目に飛び込んできたのが、これ

   おおーーこれは懐かしい「だるまストーブ」

小学校の頃の冬はストーブ当番というのがあって、石炭室からバケツで教室まで運んだなぁーと

f:id:bochibochidou:20191030203152j:plain

もう少し机の数が多かったけれど、教室もこんな感じ。

f:id:bochibochidou:20191030203242j:plain

校内生活のめあて

劈頭が「共通語で話そう」とは!!!、やんだオラー   ^皿^

 

さて、11月4日に迫った、第一回パンフェス

お題は「パンにまつわる本」ということですが、店の在庫をかき集めてもそんなに数はなく、せめて古本屋(!?)らしく、見応えあるバラエティな品揃えを目指そう!と、ぼちぼち選書開始です。

f:id:bochibochidou:20191030203707j:plain

 

雨音が、ちょっと怖い

【ぼちぼち堂 業務連絡】

◆明日、26日は奥の座敷にご予約が入りました

 また明後日27日は、テーブル席/奥の座敷ともに予約あり

 ご来店の際は事前に電話で照会いただけるとありがたいです。

 

bochibochidou.hatenablog.com

雨音がします。

最近は雨音がちょっと怖い。

福島県内はまた警報がバンバン発令されています、また不安な夜になりそうです。大きな災害が発生しませんように。

 

雨の日もあったのに、こいつはどうやって不安な夜をしのいでいたのでしょう。

昨日無事保護されてからは、さすがに外に出ようとせず、オカミの後ろをミャーミャー鳴いてついて回り、隙あらばオヤジの膝によじ登る日常です。

f:id:bochibochidou:20191025205239j:plain

ぼちぼち堂から5k以上は離れている、丘の上にある老人ホームに保護されていました。

下校時の小学1年生が、塀の間に挟まって動けないでいるのを助けあげ、近くのホームに託しくれたんだそうです。

多分、大好きな車に乗り込んでしまったのでしょう。とても過酷な出張調査になってしまったようです。

 

ありがとうございました、本当に良かった。

 

また不安な夜が続きますが、今日は1970年代の素朴な絵本らしいえほん

ぞうのババール」シリーズ

f:id:bochibochidou:20191025205758j:plain

f:id:bochibochidou:20191025205837j:plain

 

小さなストーブの暖かさが、ほっとする夜です。

f:id:bochibochidou:20191025210106j:plain