読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

本の楽しみ

ゴールデンウイークの始まり。特にお客様でごった返すでもなく、閉店時刻近くから降り出した雨の合間を縫って、いつものように秘密調査員のパトロールに随行すると、大きくて濃いオレンジ色の太陽が、山の稜線に沈むところでした。

f:id:bochibochidou:20170429200807j:plain

いつものように、スマホのレンズ(オヤジの腕)では、この色をうまく伝えられなくて歯がゆいのですが。すんげー夕日でした。今日も一日いい日だったなと、ゆっくり息がはける感じ。。。

 

良い本を読んだり、素敵な本と遊べたりした後の喜び/充足感に似ているなぁー。

と、やや強引に、今日は本を楽しむ本のご紹介。

f:id:bochibochidou:20170429201304j:plain

それぞれがそれぞれの口調で、本は楽しいと言ってくれています。

 

今日はもう一つ、本を楽しむお客様からの、心温まるメッッセージの紹介をさせてください。オヤジが拙い古本屋をやってよかったと思うお便り。

 

===

ぼちぼち堂の皆様
 
     オヤジ様 オカミ様 「毎日の秘密調査お疲れデ~ス」モモ様
 
 ありがとうございました、とってもいい日でした。
 
 自分と気が合う本やたたずまいのいい本がたくさんあって、おまけに「自転車に乗って原っぱで野球をしたり、本屋で立ち読みしていた」それなりに楽しかった幼年時代や、小室等の「私は月へは行かないだろう」を聴きながら、みんなで「谷川俊太郎吉増剛造の詩スゲェ」なんて言ってるうちに、「この次来たときナイ」なんて、誰もコーヒー代払わないもんだから3か月で潰れてしまったフォーク喫茶『山谷』」、 
 「初めてピザを食った、初めてはっぴいえんどを聴いた、あの日のイタリアンスナック『チボリ』でのカルチャーショック」等々、
 鈴木翁二の「オートバイ少女」に「しっかりつかまってて」なんて言われながら平の海岸を二人乗りしたいと夢みていた、私の気恥ずかしくもいとおしい高校時代の思い出の数々がこれでもか、これでもかとよみがえってくるBGM・・・、 
 
 すみません、本当に楽しくて、居心地がよくて、本を見たり選んだりにはしたなく夢中になってしまって、
 もっと皆さんとお話したり、モモちゃんをかまったりしたかったのですが、今度はゆっくりお邪魔して、オカミさんの手作り定食を是非いただきたいと思います。
 運転できないのをいいことに、休みの日に昼酒呑むのが大好きで、あの日も高速バスで会津若松に着くとすぐに、
 蕎麦屋に飛び込んで一杯やってしまいました。
 〜 〜 〜
===
 
オヤジ今日の夕日より感激です。