読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

完璧な春の一日

空はもう夏休みの始まりのようです。穏やかな春の一日。

f:id:bochibochidou:20170428211615j:plain

ぼちぼち堂の駐車場に落ちる影もくっきりしてきました。

f:id:bochibochidou:20170428211711j:plain

朝露

f:id:bochibochidou:20170428211725j:plain桜が散り始め、赤い花も咲き始めました。

f:id:bochibochidou:20170428211754j:plain

外では、子供達が補助輪の取れた自電車を乗り回し、歓声をあげています。

完璧な春の一日。オヤジはそろそろアイスコーヒーの準備かなぁーとひとりごちています。

 

今日は、古本屋らしい古本のご紹介

f:id:bochibochidou:20170428212026j:plain

「居酒屋兆治」 昭和57年発行 山口瞳

「河鹿」    昭和33年発行 井伏鱒二

死者の書」  昭和49年発行 寺山修二

f:id:bochibochidou:20170428212356j:plain

居酒屋兆治。 見返しの絵では、居酒屋の名前は「文蔵」

河鹿。 鱒二の赤い検印が押してあります

死者の書。 装丁は粟津潔