読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

阿弥陀寺六地蔵

花に嵐の例えのごとく、昨夜はすごい雨でしたが、今日は花曇り

f:id:bochibochidou:20170418105943j:plain

わがぼちぼち堂の、最寄駅と言えないわけでも無い只見線七日町駅」の目の前にあるお寺のお地蔵さんです。

f:id:bochibochidou:20170418110109j:plain

f:id:bochibochidou:20170418110111j:plain

七日町通りは、観光シーズンの始まりか、修学旅行生や観光バスが目立つようになりました。これから、お花見、ゴールデンウイークと、賑わいを見せるのでしょうね。

 

ここ、ぼちぼち堂のある緑町では、相変わらずひっそりと、でも花は満開の季節です。

f:id:bochibochidou:20170418110352j:plain

f:id:bochibochidou:20170418110354j:plain

f:id:bochibochidou:20170418110357j:plain

f:id:bochibochidou:20170418110359j:plain

 

この季節、音痴のオヤジが、人知れず口ずさむ歌をご紹介。

 

 同情(あわれみ) 作詞:塚原将 曲:小椋佳

花の散ることは淋しいことなのだが
花の散ることは誰でも知っていて
やがて実のなる頃には
すっかり忘れてしまうのに
ほんの短い時間が
余りにひっそりとする為に
情け深い偽善者が
深刻な顔で腕をくむ

その実を口にする時
誰が花のことまで想い出すものか
ただ
甘ずっぱいと思うだけで
所詮 同情なんてそんなもの

可哀そうにと涙ぐんでる目に
花は満開の季節だ