読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

やさしい春の雨

 4月になって、ババ(ジジ?)シャツも電気毛布も脱ぎ捨て、やさしい春の雨にしっとりのぼちぼち堂です。

f:id:bochibochidou:20170407200207j:plain

いつのも朝散歩に出れないこいつは、なんかしでかしたろうと、朝からファイト満々?

f:id:bochibochidou:20170407200331j:plain

最近は午前中落ち着かず、お客様の周辺をウロウロしていることが、多くなりました。

猫嫌いのお客様には、ご迷惑をおかけしております。。

f:id:bochibochidou:20170407200428j:plain

 お城も、今日から朝のライトアップが始まったようです。花が咲き誇るのももうすぐですね。

 昼前には、新入生の帰宅を待つバーバーたちが、そわそわウロウロ、姿を見つけた1年生が両手を広げて駆け寄る姿が見れました。

 

 前回の続きで、そんな小学生の素朴な質問ぜめにたじろがないためにも、こんな本はいかがでしょう。

f:id:bochibochidou:20170407201133j:plain

 伊丹十三「問いつめられたパパとママの本」

昭和50年ごろの本ですが、「赤チャンハドコカラクルノ」「空ハナゼアオイノ」とある意味とても実用的な一冊。

著者の伊丹十三も、デザイナー/タレント/映画監督などなど、実に多彩な素敵な人でした。

矢吹申彦の表紙もかっこいいデス。