読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

赤い太陽、赤い月

薄雲の奥に、変に赤い太陽

f:id:bochibochidou:20170319221124j:plain

そういえば、昨日は赤い月だった。

f:id:bochibochidou:20170319221125j:plain

スマホではよく撮れないとわかってはいるのですが、とても印象的だったので、、、

 

昨日に引き続き、なぜかぼちぼち堂の周りには、猫が集まってきます。

f:id:bochibochidou:20170319221457j:plain

f:id:bochibochidou:20170319221500j:plain

f:id:bochibochidou:20170319221502j:plain

 赤い太陽と、赤い月が何かの印のように、なにやら秘密の会合が行われようとしているのでしょうか。

 

さて、昨日品出しした本の紹介の続き。今日は、正当(?)古本らしい本2冊。

f:id:bochibochidou:20170319222124j:plain

 もう今では忘れられた部類の作家でしょうか。小沼丹 読売文学賞の作品集「懐中時計」 野良猫や囲碁を題材とした小説群。文章が秀逸。美本です。

f:id:bochibochidou:20170319222610j:plain

安部公房箱男

こちらはシュールな長編。不在証明(アリバイ)を手に入れたために、存在証明を喪失してしまった現代人の話。