読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

3.11関連の本を少し紹介

6年目の日の暮れです。

f:id:bochibochidou:20170311195504j:plain

 会津のお城では、慰霊の意を込めて光の御柱が催されています。

 

6年前の今日は、東京の端っこで3.11に逢い、出された備蓄食をもそもそ食べたり、トボトボ線路脇を歩いたことが思い出されます。しかしあれだけ声高に叫ばれた節電も今は遠い昔のようです。

今日の夕日も、光の柱を放って鎮魂を表しているようですが、これは核融合の光。でもこの情景を恨む人はいないでしょう。

 

この時期思い出される本を何冊か。。。

f:id:bochibochidou:20170311200437j:plain

 〜春を恨んでもいいのだろう、自然を人間の方にいっぱい引き寄せて、自然の中に人格か神格を認めて、話しかけることができる相手として遇する、それが人間のやり方であり、それによってこそ無情な自然と対峙できるのだ。〜

 

f:id:bochibochidou:20170311200424j:plain

〜この生を放り出すことをしたくないのです。だって、生きることは、それ自体が、大いなる喜びであるはずなのですから。〜

 

f:id:bochibochidou:20170311201617p:plain

さて、これからどう引き受けていくのか、、、苛立ち。。。

 

さりとて、ぼちぼち堂の日常は、いつもに変わらず。。。

道路が良くなったからか、珍しい車がポツンと駐車しておりました。

f:id:bochibochidou:20170311201820j:plain