読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

松の内もおしまい

 2017年のお正月も静かに終わってしまいました。

f:id:bochibochidou:20170107193251j:plain

 鏡開きはまだですが、ここ緑町の『歳の神』は今年は九日にあります。もうすっかりお正月も終わりの様相。移住して2回目の歳の神そして次の日は、十日市。1年は早いものです。

 

 今日は品出しをしていて出会った、素敵な絵本をご紹介。

f:id:bochibochidou:20170107200831j:plain

”オレは牛飼いだから、エサをやる。

きめたんだ。おまえらとここにいる。

意味があっても、なくてもな。”

 

 震災/原発事故によって書かれた本を何冊か読みました、それなりに感じ入ったり考えさせられたりしました。その中でもこの絵本はストンと腑に落ちました。

”なぜ”を知ろうとする気持ちは、いつまでも持ち続けていたいですが、その意味ではなく、自分の持った感情に従って生きること、は、大切なことの様に思えます。

f:id:bochibochidou:20170107201653j:plain

「希望の牧場」 森絵都 作 / 吉田尚令 絵

 

もう一冊

f:id:bochibochidou:20170107202413j:plain

これもいい物語。完璧なSFでもあります。

「うるうのもり」 小林賢太郎 絵と文