読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

花火と紅葉

f:id:bochibochidou:20161108201838j:plain

 ぼちぼち堂を始めて、はや半年。気がつけば留守番担当のオヤジは、普段半径50メーターぐらいの所を行ったり来たり。

 これではイカンと、休みの日に昨年紅葉が綺麗だった飯盛山/さざえ堂あたりをぶらぶら。何枚か写真は撮ったのですが、他の人がどんどんアップしている写真の素晴らしさに、ほとんどボツ。代わりに昨年の写真を載せた次第です。

 先週末開催された、ど煙火大会の写真の一部も含めて、ちょっとだけ掲載します。

f:id:bochibochidou:20161108202713j:plain

f:id:bochibochidou:20161108202719j:plain

f:id:bochibochidou:20161108202722j:plain

しかし、自宅でこたつに入りながら花火が見れるなんて、思いもしませんでした。

 

ここからは、昨日の飯盛山です。

f:id:bochibochidou:20161108202827j:plain

f:id:bochibochidou:20161108202830j:plain

 

さて、自分でも忘れていたのですが、先日ご紹介した「吾輩は猫である近代文学館の名著復全集販に関連して、お客様に言われもう一冊在庫があったのを思い出しました。

 

宮沢賢治春と修羅」関根書店から大正十三年に刊行された元本の、復刻版です。

f:id:bochibochidou:20161108204547j:plain

f:id:bochibochidou:20161108204605j:plain

布張りの瀟洒な作り。この本自体も昭和44年の刊行のようですが、目立った汚れや、折れもなくとても綺麗。

奥付の、宮沢の四角い検印がいい感じ。

 

わたくしといふ現象は
仮定された有機交流電燈の
ひとつの青い照明です