読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

名残の矢羽ススキ

今日も、深まる秋の風景。 

f:id:bochibochidou:20161102190842j:plain

深い青空に、名残の矢羽ススキが日の光で輝いています。

前回UPし忘れた、こちらもどうでしょう

f:id:bochibochidou:20161102191046j:plain

楓が着々と色づいてきています。

 

さて昨日に続き、今日も渋めの本のご紹介。

f:id:bochibochidou:20161102191157j:plain

翻訳物の、ミステリーでもない読み物はなかなか手に取って頂けないとわかっているのですが、あえてこんなラインアップ

 ヘミングウェイ、トウェーン、エンデ、メイ・サートン、そしてカーソンまで、前世紀になくなった作家たちの、ちょっと外れた本たち。エッセイや短編集中心なので気軽に読み始めることができ、かつ深い人生の機微を感じることができる本たちです。

これはスタシス・エイドリゲヴィチウスの表紙画も素敵です。

f:id:bochibochidou:20161102192950j:plain

 

明日の文化の日は、あいにく天候が崩れそう。ぼちぼち堂でゆっくり本や食事を楽しんではいかがでしょう。

f:id:bochibochidou:20161102193115j:plain

 

追伸業務連絡

 先日「獣の奏者」4部作をお買い上げのお客様へ、

 もう1冊「獣の奏者 外伝 刹那」がございました。こちらは単行本ですが、もしよろしければ…