読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

シュールな会話

いつもの朝の日常の風景

f:id:bochibochidou:20160923204436j:plain

 テレビ出演を果たし、どこが秘密なんだかわからない調査員ですが、いつもの日課は変わらず朝の散歩。いつもの様に随行するオヤジですが、地べたを見つめていると毎日小さな発見ができます。

f:id:bochibochidou:20160923204838j:plain

f:id:bochibochidou:20160923204845j:plain

 

一転、ぼちぼち堂評論家、プロデューサー、ぼちぼち堂オヤジの昼下がりのシュールな会話。

 

神経衰弱(彼らは真剣衰弱と呼んでいるらしい)の勝負中です。

 

「おじちゃん、ち◯◯ん見せて」

「!!」

「何ーっ、最初にお前が見せろぉ!」

「ほら」

・・・・・・

「やっぱりやんだっ!!」

・・・・・・

「なんでぇー、じゃぁももちゃんのち◯◯ん見せて〜」

「ももちゃんは、女の子だからないの」

「なんでないのー」

「えーー、じゃぁ男の子も飼えばいいべした」

「ダメだよー、そしたら交尾すんだべぇー」

「そ、それは、お前、難しい問題だぁ(汗)」

「んだよ、タマゴなんかすぐには産まねえヨォ」

・・・・・・

還暦のオヤジは、小学生と幼稚園生にまんまとはめられ、真剣衰弱に大負けし、今日もおやつを巻き上げられたのでありました。

 

当のこいつ、インタビュー疲れか、終日昼寝なすっておりました。

f:id:bochibochidou:20160923210301j:plain

今日の報告は以上です。