読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

14番目の月

「次の夜から、欠ける満月より、14番目の月が一番好き」 と歌ったのは、荒井由実だった頃のユーミンでしたなぁ。

f:id:bochibochidou:20160916200356j:plain

 昨日の中秋の名月は、雲間にその姿を柔らかく現し、たくさんの人を楽しませ、優しい気持ちにしていたようです。

残念ながら今日の14番目の月は、ここ会津では厚い雲で隠されています。

 

さて、「月」と言ったらお勧めしたいのがこの一冊。

f:id:bochibochidou:20160916200735j:plain

副題に「月を遊学する」とあります。

死と再生の象徴である(満ち欠けする)月を、文学・神話・奇想科学/最先端科学・宗教・思想を総動員して、月への憧れを結晶化させたエッセイ集。

 たくさんの図版を楽しむためには、本当は単行本が良いのですが、今は懐かしい「松丸本舗」のシールが貼ってあるので、あえてこの文庫本をご紹介しました。

f:id:bochibochidou:20160916201634j:plain

これも、古本の一つの楽しみ。