読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

さらば青春 ってか

 先日、七日町通りを自転車で走っていたら、新聞屋さんのウインドーに、こんな額が飾ってあるのが目にはいりました。

f:id:bochibochidou:20160706200548j:plain

 ご存知の方はオヤジの同世代でしょうか、1970年代の小椋佳「さらば青春」の冒頭です。なんか理屈っぽいような甘ったるいような歌詞でしたが、若い頃よく口ずさんでいた覚えがあります。

この新聞屋さんのオヤジさん(と勝手に想像)とは、お友達になりたい気がしますナ。

 

 無論、さらば青春なんぞはもう遠い昔のことですが、こうやって故郷に戻って慣れないお店なぞやっていると、原発やEUやテロや選挙やその他もろもろの事なぞ、すべて遠く過ぎ去るものとしか感じられなくなっています。いい大人としてこんな事ではいけないとは思うんですがネ、、、

 

一方、かたわらを行く者たちへの呼びかけは多くなっています。

これもひとえに、秘密調査員の随行員を朝に夕に真面目に勤めている賜物でしょう。

f:id:bochibochidou:20160706201737j:plain

f:id:bochibochidou:20160706201745j:plain

f:id:bochibochidou:20160706201751j:plain

これはシオカラとんぼでしょうか?少し早いお出ましのような気もします。

 

 そして、天気にはすごく敏感になってきました。

雨なのか晴れなのか(天気だからといって、いつもお客様が多いというわけではないんですがね)、暑いのか涼しいのか(アイスコーヒーは水出しなので事前に用意する必要があります、その塩梅が当面の大もんだい)、etc、etc…

 

世知辛いですねぇー。でも、いい大人にはなれそうもありませんが、ニンゲンらしくはなってるかもなー。