読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼちぼち堂

会津の片隅で、古本屋オヤジと定食屋オカミになりたい夫婦もんの徒然

春を探して

 今朝、近所の先輩が訪ねてきて、我が家の新米秘密調査員に、何かこんこんと諭している風情です。

f:id:bochibochidou:20160324205228j:plain右前の耳が我が家のモモ

 秘密調査員は、朝3時から走り回り、オカミから朝御飯(夜食?)をせしめ、6時にはオヤジを踏みつけ無理やり起床させ。そんなご乱行を見かねて「来るべき日に備えちっとは身の程をわきまえろ」とでも言っているのか。もっとシビアに、この先輩地域の厳しい掟について、オリエンテーションなどをしているものか。。人間には計り知れない感じですが、つられて「はい」と返事をしそうになる程の、堂々とした貫禄です。

 一方オカミとオヤジは、秘密調査員が恐縮して固まっているのをいいことに、そっと抜け出し、午前中から春を探しに行ってきました。

 おきまりの日帰り温泉、それも朝から一番風呂!、誰もいない低温サウナで朝寝放題!、まるで小原庄助さんを地でいく行状です。これには天のバチがあったか、芦ノ牧温泉は、春どころか雪模様。…思う存分雪中露天風呂の責め苦に耐えてきました。^^;;

 

  今日のご紹介は「奔放な読書」 ダニエル・ベナック著、真面目な藤原書店から、1993年の発行。1992年のフランスでベストセラーとなった本だそうです。

f:id:bochibochidou:20160324211536j:plain

 読者の権利10か条など、フランス人らしいウイットに満ちた文章で、気軽な読書の楽しみを教えてくれる本です。

 曰く「本嫌いのための。新読書術」

 

 ーー第10ヶ条  黙っている

  人は生きているから家を建てる。だが、いずれ死ぬことを知っているから本を

  書く。人は群居性があるから集団で住む。だが、自分の孤独を知っているから

  本を読む。この読書は他の何者にも代えがたい仲間。〜〜

 

 ところで、春は、なんと自宅の目の前に顔を出していました。

f:id:bochibochidou:20160324212717j:plain